2012年09月10日

飲み薬や塗り薬でのシミ・肝斑の治療とレーザートーニング

 保険治療の対象にならない「しみ・肝斑(かんぱん)」についても、やまなか皮ふ科クリニックでは飲み薬・塗り薬での治療を行なっております。
 レーザー治療機器としてMedLite C6(メドライトC6)を導入しています。レーザートーニングという方法を用いることで、いままでレーザーで治療できなかった「かんぱん」を改善します。

最初に診察を行います。
保険診療が必要または可能かどうか、どの治療法が適切か判断します。
化粧を落とした状態でおこないます。
パウダールームがありますので、ご利用ください。

治療方法はおおきくわけると、内服薬・外用薬・レーザー治療となります。併用も可能です。

飲み薬
 ビタミンC、トラネキサム酸

塗り薬
 ハイドロキノン含有軟膏 

レーザー治療
 Medlite C6による治療(レーザートーニング

次回はレーザー治療の流れについて説明する予定です。
posted by 山中 at 11:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。